ひろっち&はるっちの童顔夫婦。楽しい投資の日々をご紹介。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
夏休みの宿題…の続き③
ここまできたらやってやるぅ。

・水道

通常、水道局に行って埋設状況を図面閲覧する。
東京都水道局のHPはすーごく不親切なので
他の都道府県のHPをチェック。

例えば神奈川県

同様のことが東京都でもできると推測。
東京都もこのくらい書いておいてくれたらいいのに。
金余りでCMしてる場合じゃないっすよ。w
CM代があるならデータ整備にお金使ってほしい。

今回は窓口の場所の確認のみ。
時間あるときに行ってみよう。

・ガス

都市ガスは東京の場合、東京ガス。
ガス管が来てるのに、プロパンなこともあるけど
それは現地を見れば分かるので心配なし。

 ガスメーター v.s. プロパンガス

東京ガスはなんと図面をネット閲覧できる!

ガス本管埋設状況確認サービス

何という素晴らしいサービス。
これぞネットだわ~。

今回現地はガスメーターを確認済みなので
新築の時とかに重要だよね。

工事費については何にも記載がないけど
調べたところによると10万円台くらいのもののようです。
詳細不明。

わかりやすかったページはこちら


それにしても業者さんや新築をやる人たちはすごいなー。
こういうの全部調べてるんだもんね。

今までお世話になった方たちを思い出し
感謝、感謝です。^人^

宿題シリーズ、これにて一旦終了~。


haru
スポンサーサイト
page top
夏休みの宿題…の続き②

前回取り忘れたボーリングデータを取得。

まず最初に地図を見て

近所の採取地を確認。

地図番号を申請書に記入。

そうすると該当の台帳を渡してくれる。


”あのー、コピーはどうすればよろしいでしょうか?”

”2階の○○室でコピーしてきてください。”


…って、ええっ!ここ7階ですケド。

台帳を持って私が走って逃げたらどーすんだ!?

牧歌的だ…。ここだけ春だな…。


地上の楽園(←?)を守る為、フツーにコピーして台帳を返す。


さてコピーしたボーリングデータ。

暗号みたいで見てもよく分からない。(←!)

データを取った2箇所とも

坑内水位が約4mのところにあり、ヤバめ!

というのは分かった。(笑)


そこでネットで検索。

いろいろ記述はあれど軟弱地盤の定義は以下らしい。

---------------------------

Ⅸ·5 軟弱地盤の判定の目安

軟弱地盤の判定の目安は、地表面下10mまでの地盤に
次のような土層の存在が認められる場合とする。


1)有機質土・高有機質土(=腐葉土・泥炭等)
2)粘性土で、標準貫入試験で得られるN値が2以下。(略)
3)砂質土で、標準貫入試験で得られるN値が10以下。(略)

なお、軟弱地盤の判定に当たって土質試験結果が
得られている場合には、そのデータも参考にすること。

『宅地防災マニュアル』より

---------------------------

うーむ、これから行くと
該当の土地は10~15mのところに
N値2~3位の粘土層がある。

その上方は漏水のある砂礫層なので
軟弱とはいかないまでも
どうも弱そうです。

同じところにあった浸水マップでも
丁名で2つ隣は過去、水が出たところでした。

ちなみにN値って大きい程
固い地盤、というのは知っていたのですが
N値がハンマーを叩いた回数だっていうのを
今回初めて知りました。

実際は機械でやりますが
小人がハンマーを叩くところを想像すると
ちょっと楽しい。ぷっ。w


他にも参考になるブログ。

・ドクターの幸せDNA
・東京地盤ノート

ここまで調べたので
この後、ボリュームチェックのはずでしたが
地盤改良が大変そうなのでお見送りの予感です…。

ちなみにそのエリアに関しては組長は最初から
”やめたほうがいいよ”と教えてくれていたのですが
どうやって書類を調べるのか、自分でやってみたく
また結構分かったので、今回はこれでヨシとします。


よし、次はガスと水道だ!(爆)


haru
page top
夏休みの宿題…の続き①
まだ終わってなかった宿題。おーい…(ry

道路調査の結果を役所に聞きに行き
ついでにボーリングデータを取得した。

道路調査の結果は

・既に官民境界確定をしているラインは使えない。



・どーしてかとゆーと、そのラインを採用すると
 不利になる土地の人がいる。

写真を見せてもらって分かったが
セットバックを予想して、既に下がっている人がいたり
公道が境界の内側に食い込んでいるところが
あったりとなかなかややこしいのだそうだ。

うっかり下がって、他の人の有効面積をも
削るようなことはできないもんね。

うーむ。

該当の土地だけでなく、お向かいや近隣の杭も
きちんと見ておかなければいかんのだね。(←当たり前か…)

・そういう訳で前面にある道路のど真ん中から
 お互い2mずつセットバックするように。

ということでした。

となると、3.64m幅の道路なので
双方約20cmずつ下がるとのことでした。

接道幅が約9mなので、1.8平米のセットバック。
価格が変わる、かなぁ。
また建物のかたちもちょっと変わるよね。

何かあったらまた連絡ください、と言われたので
よろしくお願いします!と言っておきました。

つづく。


haru
© 童顔夫婦の楽しい投資(不動産・FX). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。