ひろっち&はるっちの童顔夫婦。楽しい投資の日々をご紹介。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
年末に魔がさしてしまいました…
最近話題?の格安三兄弟

うまいこと言うなー、アハハハ。





なんて思っていたのに。





入れてしまいました、買付。Σ( ̄ロ ̄lll) 




買えちゃったら、どうしよう。(←?)


万一進展あったらブログで続報します。w


------------


今年は皆さんのおかげで

本当に素晴らしい一年を送ることができ

大変感謝しています。


至らないことから

ご迷惑もおかけしたのですが

そんな折も周囲から励ましていただき

一人じゃないんだなとしみじみ思えることが

数多くありました。


童顔夫婦は幸せ者です。(≧▽≦)

本当にありがとうございます。

がんばりますので

来年もよろしくお願い致します!


haru
スポンサーサイト
page top
平成23年税制大綱(5)
14.住民税 △

  → 基本、増税だけど
  
    「個人住民税の所得割は前年所得を
    基準に課税しているため、
    収入が前年より大きく減少した人にとっては
    金銭的負担感が過重になります。
    納税者、特別徴収義務者、
    地方自治体の事務負担を踏まえつつ、
    現年課税化についても検討を行います。」
    
    現年課税!!!できるのか!?
    そしたらすごいな。
    当月の住民税を翌月に払う感じか?

    でも役所の住民税課は大変だわ。死ぬな。
    それにしても、どれだけ減収した人がいたのか
    これを見ても推察できて落涙。w

15.相続税↑、贈与税↓、固定資産税? △

  → 評価微妙。相続時精算課税制度が
    もともと相当使いずらいので。
  
    固定資産税
    「今後とも税収の安定的な確保が不可欠です。」
    ってあるけど、過疎という言葉を知らんのかな。
    
    人口減少して地方に行く程、人って住んでない。
    そのうち原野に帰る国土だから
    相続放棄が増えて
    すべからく国の所有地になると思うよ。
    自宅の近所ですら相続放棄したと思われる
    国有地が出てる。

    みんなもう土地なんていらない。
    所有から利用に変わるのだ。
    一体誰から税金を払ってもらうつもりなのかしら。(笑)
    
16.法人税 ?

  → 法人でないので、見ても実感薄い。
    法人起こしたらじっくり見るんだろうなぁ。

ふぃー、今年も面白いなぁ。
突っ込みどころ満載。お腹いっぱいです。w

おわり。

haru
page top
平成23年税制大綱(4)
12.金融証券税制① ×

  → 「いわゆる「日本版ISA」)の導入時期については、
    平成26 年1 月からとします。
    これらの措置については、経済金融情勢が急変しない限り、
    確実に実施することとします。」
    
    あ、言い訳。w
    メリット薄く、コストばかりかかり、
    皆が嫌がっているのでやめたら?
    それに経済金融情勢は必ず急変するもんなの。(笑)

13.金融証券税制② ◎

  → 「現在、店頭金融デリバティブ取引に係る所得については、
    総合課税としていますが、金融商品間の課税の
    中立性を高める観点から、
    市場金融デリバティブ取引に係る所得と同様に、
    20%申告分離課税とした上で、両者の通算及び
    損失額の3年間の繰越控除を可能とします。」
    
    やった!!!!
    FX通算される!!!ぎゃー、うれしい!!!
    ようやく不公平が是正される。
    くりっく365、滅びろ。w
    あんな薄い板はいらない。

    「(注)上記の改正は、平成24 年1月1日以後に行われる
    店頭商品デリバティブ取引、
    店頭デリバティブ取引又は
    店頭カバードワラントの
    差金等決済又は譲渡について適用します。」

    ぐぞー、さ来年からかぁ。どうせ申告なんだから
    23年からやってほしかった。けどやらないよりはマシ。

    この文だけ見ると、決済時の利益にかかるから
    24年以降に決済すればいいのかな?

つづく

haru
page top
平成23年税制大綱(3)
8.番号制度 ×××

  → 「①国民一人一人に一つの番号が付与されていること、
    ②納税者が取引の相手方に告知できるよう、
    民-民-官の関係で利用でき、
    また、目で見て確認できること
    ③常に最新の住所情報と関連付けられていること、
    という条件を満たす必要があります。」
    
    無理です!
    年金番号だって名寄せできないのに
    全員分できる訳がない。
    何十年も前に死んでたけど
    住民票上生きてる人いっぱいいるし。w
    
    いったいいくらコストと時間をかけるつもりなんだ。
    期間10年以上、開発費1兆円超えると思うぞ。
    
    完成までの間、継続して予算が取れるのか。
    また引き受けるベンダが果たしてあるのか。w
    この仕事を受注できる会社、日本にあるのかなー。
    
    システムデータの作成で一番面倒、かつ工数がかかるのが
    データ移行や名寄せ、クレンジングである。
    
    人間が目で見て紐付けるしかないし、間違いが防げないし
    自分のデータが間違っているからと言って
    他のレコードの中から本人が選ぶ訳にいかない。
    
    こういうものは新規構築するのが一番。
    新生児から19歳までに番号を振るのだ。
    今いる人には振らない。
    そちらの方が早くて安く済む。
    既存に適応するのは諦めろ。w

9.所得税 ×××

  → 「平成20年は平成2年と
    同程度の水準に戻っています。
    このため、同じ税率構造の下では、
    インフレ等により名目賃金が上昇すれば
    全体としての累進性が高まるはずのところ、
    逆に累進性が低下する現象が生じ、
    所得再分配機能と財源調達機能が
    大きく低下しています。
    格差社会に対応するためにも、」
    
    格差社会になるように税制を変えたのは誰だ!
    恥を知れ、恥を。20年かけて国が全く成長してないんだぞ。
    消費税増税の時に既に累進性の低下は
    問題になっていたのに
    それを強行して、景気を悪化させ、格差社会になったのだ。
    予想された結果のままに実現しただけだ。今更言うな。

10.特定支出控除 ?

  → 使ってる人知らないのだけど、いいのかしら。
    判定不能。今度聞いてみよう。
    
11.成年扶養控除の見直し ×××

  → 「しかしながら、本来、成年者は基本的に
    独立して生計を立てるべき存在であること等
    を踏まえれば、成年者を担税力の面で
    配慮が必要な存在として一律に扶養
    控除の対象に位置付ける必要性は
    乏しいと考えられます。」
    
    はあ?昨今の失業率の高さ、新卒就職率の低さを
    知らないのか。
    職がないのに稼げるか!職安行って見て来い!(笑)

つづく

haru
page top
平成23年税制大綱(2)
4.税務調査手続 ◎

  → 事前通知、事後手続き、物品返還について明文化。
    他人の財産を勝手に持っていって返さないんだから
    こちらもびっくり。

5.更正の請求可能期間の延長 ○

  → 相手は3年、こちらは1年で不平等の証だったけど
    ようやく是正。
    でも5年は長くないか?
    「5年前のこの領収書が…」とか言われても
    思い出せないような。(笑)
    どちらも3年で良かった気がする。

6.当初申告要件が設けられている措置の事後緩和 ○

  → すぐに思いつくのは減価償却の方法の選択だけど
    今でも変更しようと思えばできるので、
    他にも使えるものがあるのかな?
    途中で変更できないというのは何事にも不合理なので良い。

7.処分理由を全部に附記 ◎

  → 金を取られる理由を明示してこなかったなんてびっくり。
    「個人の白色申告者に記帳が義務化」とあるけど
    そうすると青とは何が違うんだろう?

つづく

haru
page top
平成23年税制大綱(1)
16日発表になった。

早速読んでいるが
企業減税、個人増税の面白くもおかしくもない内容。

バブル崩壊後からずっとこの路線だが
生活は全く豊かにならない。
いい加減やめたら?もう飽きた。

まあ国は国民生活を良くする気は全くないのだから
あてにするのもおかしい話。→納税するのもおかしい話。
権利なくして義務もなしじゃ。
ガダルカナルだったけか、マグナカルタだったっけか。(笑)
(うーむ、何百年も前からこの話だなぁ。)

愚痴はさておき、気になったポイントをピックアップ。
記号は現時点での個人的な評価。

1.はじめに ×

  → 言い訳がずっと書いてある。
    素晴らしいことをしているのなら、もっと自信を持て。w
    去年の前文は結構よかったよ。

2.納税者権利憲章の策定 ◎

  → これ、何十年も前から言ってる気が。未だにないのがびっくりレベル。

    税制度は徴収者に有利に、納税者に不利にできているのが常だけどいいものできるのかしら。

3.租税教育の充実 ×

  → 家畜を育てるのではなく、税を設けるのは国民の自由であること、世界には無税の国があるのだと教育して欲しい。w


つづく。

haru
© 童顔夫婦の楽しい投資(不動産・FX). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。