ひろっち&はるっちの童顔夫婦。楽しい投資の日々をご紹介。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
影響力の武器[第二版]―なぜ、人は動かされるのか影響力の武器[第二版]―なぜ、人は動かされるのか
(2007/09/14)
ロバート・B・チャルディーニ

商品詳細を見る
セールスの基本になる本。交渉系の本の参考文献に必ず入っている原典。
正直、これを読んだら、他のどの本もこの本の引用ということに気づいた。w
人間社会で生きていく全員にお勧め。
スポンサーサイト
page top
デリバリーとコンバージョンの違いを勉強
米ドルの現物が欲しくて、現受(デリバリー)を受けようと
最新情報を調べてみた。

げんうけ、デリバリーなどと業者によっていろいろな呼び名があるが
要はFX証拠金で買った外貨を、現物に必要な金額を入金して現物で受け取ることだ。

こうすると何がいいかというと(手数料を払うことがあるが)
普通の銀行の外貨口座に送金でき、キャッシュカードと組み合わせれば海外でドルの現金として使えるようになる。

普通の銀行でドルを買うと為替手数料が高いので
それが節約できるのと、現物分のキャッシュがないときでも
証拠金で安い時に買っておき、キャッシュが用意できたら現物に転換できるので時間を飛び越えられることだ。

今回それをしようと思って調べたところ、最新状況が昔と違っていることが判明。
以前はサイバーとマネパくらいしか現受をやっていないと思っていたのだけど
セン短や外為もやっているそうで、金額によってはマネパよりセン短の方が手数料が安かった。

セントラル短資 通貨両替と受渡し
http://www.central-tanshifx.com/customer/steps/deliver-exchange.html

また現時点のレートで良くて、現物のキャッシュがある場合は
現受よりも両替(=コンバージョン)の方が手数料が安いそう。

うーむ、知らなかった。

会社もサービスもどんどん変わっていくから
常に調べていないと駄目なんだなぁ。

★重要★
それと業者の財務状況も刻一刻と変わる為
飛ばない業者を選ぶよう、常に企業情報はチェックしてください。

手数料を節約して便利に海外送金する方法(情報量最多)
http://kaigaisokin.seesaa.net/

外貨両替マスター(アフェリエイトサイトだけど分かりやすい)
http://www.okuman.cc/

海外送金ナビ(リフティングチャージの説明)
http://www.spectropolis.info/


haru
page top
長期チャート
為替をやられる方にお勧めのページです。

JPY(円)- 外国為替FX長期チャート集

Long Term Commodity Charts

特に下のページは英語ですが商品+為替の30年チャートで
大変見やすいです。

私は常に30年分のチャートを見るように言っていますが
それは何故だと思いますか?

その理由が分からないうちは
ポジションを取るべきではないと思います。。。

haru
© 童顔夫婦の楽しい投資(不動産・FX). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。