ひろっち&はるっちの童顔夫婦。楽しい投資の日々をご紹介。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
FXで失敗する人(2)
昨日の続きです。

----------------

FXで失敗する人の傾向はズバリこれだ。

(1)ポジションを取り過ぎる。

(2)自分の許容リスクに見合わない通貨選択。

(3)急変相場なのにナンピンする。

(4)ドテンしない。

----------------

(2)自分の許容リスクに見合わない通貨選択。

証拠金に対して、思ったよりもポジションを取れない
(=通貨を購入できない)という話を昨日しました。

それでは通貨による違いはどう判断するのか。

ざっくりですが、私は以下のようなイメージでいます。


ボラリティ(変動幅)

ドル円     40円( 80円~120円)

ユーロ円    60円(100円~160円)

オセアニア   60円( 50円~110円)

ポンド円   150円(100円~250円)

南アランド円  15円(  7円~ 20円)


注意したいのは南アランド円は
取引通貨単位は10万単位のことが多いので
変動リスクや必要証拠金額はポンド円と
ほぼ同じだということです。

この中で資金効率の最も悪い通貨は
ポンド円と南アランド円です。

多額の資金がロックされる割に
それ程儲からず、変動リスクが高い
というイメージです。

資金量の少ない人に限って
ボラリティが大きく儲けるチャンスがあるからと
ポンド円に取り組む人がいますが
昨日の説明の通り、一発退場コースなので
くれぐれも資金量にあった通貨を
選択するようにしてください。


例1:証拠金10万円
   ポンド円1枚購入
   維持証拠金5万円
   変動幅5円で自動ロスカット。

例2:証拠金500万円
   ドル円50枚購入
   維持証拠金2万円*50=100万円
   変動幅8円で自動ロスカット。

つづく

haru
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


© 童顔夫婦の楽しい投資(不動産・FX). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。