ひろっち&はるっちの童顔夫婦。楽しい投資の日々をご紹介。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ハッピー&リッチフェスタ2011 FAINAL
今回は受付のお手伝いということで
いつにもまして感慨深いフェスタになりました!
サポートスタッフがあんなに大変だったとは。
企画&参加された皆様、本当にありがとうございます。^^

<第一部>

沢田さんがとにかく凄かった。
港区の自分のエリアであれば
街にある不動産の空室率から所有者まで
把握しているという。
町並みが変化していくのを見ているのが大好きだそうだが
誰にでもできないし、融資を受ける姿勢もとにかく堅くてクレバーな印象。

”自分では7×7×7の法則と呼んでいるが
時価の7割が物件評価額、
物件評価額の7割が銀行評価額、銀行評価額の7割が融資を受ける額”
と言っていた。(うろ覚えです)

”そうしていけば数字がクリーンになりますよね”

と言っていたけど
つまり融資額は最高でも34%ってこと!?

ふわー、それはマネできません。><

それとソプラノ大家さんも謙虚な振る舞いで
感じが良くて、まあ、とにかく美人な方です。
そこに立っているだけで癒されました。
いつまでも素敵なままでいて欲しいです。

うっちゃんはあいかわらずでした。
(すいません。笑)

<第二部>

大前さんの講演、良かったです!
私が一番よかったのは日本国債デフォルトの話と
ハイパーインフレの国でどんなことがあったか
話してくれたこと。

昨年の本田健さんにハイパーインフレの質問を
したのですが、ご本人も分からないとの回答だったんです。

でも大前さんはインフレ時のロシア、東欧、ブラジルに
いたことがあるので、コーヒーやタクシーの値段を例に
実体験を話してくれたので物凄く分かりやすかったです。

そういう風になった時に自分がどうするかも
大体考えたので良かった!

これからしばらくはギリシャに注目します。
未来の日本になると思うので。

<第三部>

融資受ける派 vs 現金競売派

だったんですが、意外にも私は融資受ける派に
心情が沿ったので面白かった。

堅いなと思ったのはなんと石渡さんだったので
自分でもびっくり。

私が気にしたのは出口です。
お金を受け取っても税金を考えるといらないや、っていう物件は
買いたくないのです。

いらないやって思う物件は人が住んでいない地域にある物件。
もしくはこの先、限界集落になるだろうエリア。

理由は土地は返納できないので。
(正確には条件が整えば返納できるが難しいと言われている。)

強制返納しようと思ったら、固都税滞納すれば
競売になるのかな。そうすれば手放せるんだろうか。

それかいらない不動産は死亡するまで引っ張って
相続放棄とかにするのかしら。
欲しい不動産は法人名義にしとくとか生前贈与とかしといて。

これから近世でいう逃散が始まって
都市がどんどん小さくなると思う。
交通インフラのないところには年を取ると住めないので
最低限、電車が走っている場所に購入したいなぁと思っている。

ま、これは都市に住む人間の考えで
例えば田舎でも年を取ろうがそれなりに住めるのだろうけど。
実際、住んでいるしね。^^;


haru
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


© 童顔夫婦の楽しい投資(不動産・FX). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。